「連なる想い5」論う?

「論う」って「あげつらう」と読むんですね。

「論」っていう字のイメージは議論だとか討論だとかの論のイメージで他には卒業論文、学術論文などの論のイメージが個人的には強くて、決して感情的になって何かをあげつらっているとう印象は持てませんです。

ですから「あげつらう」とはとても読めませんでしたね・・・

「あげつらう」っていうと些細なことを大げさに言い募って当てこすったり、言い立てたりととても冷静に意見を述べているというイメージは持てませんよね。そう、当てこするという言葉がぴったりくるような感覚を持ってましたね。

もしかしたら「あげつらう」と「当てこする」という言葉の読みが似ていて意味も同じようなものがあるために「当てこする」という意味だけが印象に残って使われるようになったのかもしれませんね・・・もしかしたら・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック