電車の中のバカ(その58)

先日、昼間に山手線に乗ることがありました。

車内は結構空いていて、たまたま私の乗り込んだドアが優先座席の近くだったので、優先座席の前で吊り革を握って立っていました。(空いているとは言っても空席があるわけではなく、座席は満席でしたので)

なんの気はなしに、「このあたりは優先座席だなあ」などと思いながら周りを見回すと、優先座席にかけている人は全部で8人でしたが、一人のおじいさんを除いて、一人の二十歳前後に見える女の子は爆睡中、その他の6人は全員確実に、私より若そうな男性と女性で、なんと全員が携帯やスマホの画面に見入って一生懸命画面を操作していたのです。

優先座席の後ろの窓には、このような方が来たら席を譲りましょうという絵とともに、この周辺では携帯など電波を発する機器は使わないようにという注意書きが書かれているのにです・・・

そして、次の駅に停車したときに近くのドアから赤ちゃんを抱いたお母さんらしき女性と乳母車を押したお父さんらしき男性が乗り込んできてその優先座席の前の吊り革を握ったのです。

私は「どうなるのかなあ・・でもこんな時女の子は席を代わってあげるだろうな、あるいはあのお兄さんが代わってあげるのかな」と周りに座っている人たちを期待を込めて眺めていたんです。

ところが、ところがです。彼らは誰一人として画面から顔を上げようともしなかったのです。もちろん、誰も席を代わってあげるような人はおりませんでした。

正直がっかりしましたね。今の日本が駄目なのは政治のせいだなどという方もおられますが、まず、みんなの気持ちから改めていかないといけないよねと思い知った次第です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック