テーマ:環境

妊婦さんの携帯電話利用ご注意!

妊婦さんが携帯電話を頻繁に利用すると生まれる子供に行動障害が発生する確率が高くなるそうです。 といっても、妊娠したから携帯電話は使わないようにできるって方はなかなか多くないようにも思います。 最近、電車の優先座席でも平気で携帯電話を触っている人を多く見かけますからね。 やっぱり、妊婦にも影響のでないような携帯電話の開発が望…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エコプロダクツ展2010の10

今回のエコプロ展の3日間の総入場者数が発表になっていました。 183,140人だったそうです。 前回が182,510人だったそうですから漸増っていうことろなんでしょうね・・・ しかし、毎日10時から18時までの8時間でそれぞれ約6万人ずつの人が訪問されるのですから、それはすごいですよね。 つい計算してみたくなるんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エコプロダクツ展2010の9

ああ・・・終わってしましました。 今日も午後から行ってきました。 東京ビッグサイトに到着したのは13時少し前でした。 それでも、結構会場に向かう人たちの波が続いていました。 でも、なんとなくこんなにたくさんの人が訪問してくれるなんて思うと、少し会場に向かう足取りも軽くなってくるような感じさえしました。 そして、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エコプロダクツ展2010の8

エコプロ展の入場は結構並んでいて大変です。 事前入場手続きをしておけばスムーズに入場できるといううたい文句がエコプロ展のWEBページ上にも掲示されてますが、そうとばかりも言えないらしいです。 というのも、会社の同僚がエコプロ展に行ってきたんですが、当日入場手続きで並んだ方が早かったそうです。 どうも事前入場手続きをしていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エコプロダクツ展2010の7

昨日は朝一番から14時まで現場にいたんですが、朝の開場直後から小学生や中学生の団体がガンガン入ってきて対応大変でした。 小学生の低学年の子供たちが多かったように感じましたが、やっぱり、カワイイです。 私に展示しているものと全く関係のない「バイオマスってなんですか?」って質問してきたので、少し解説してあげたら、なんと私のまわりを小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エコプロダクツ展2010の6

昨日(12月9日)エコプロ展初日行ってきました。 半日現場で来場者対応していただけですが、すごく疲れました。 エコプロ展の開場は10時からだったんですが、9時過ぎには現地についてました。 この写真は朝、ビッグサイトへと向かう人の波を後ろから撮ったんですが、今見るとどういう訳か、中国の天安門広場をおもいだしてしまうような様子に写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エコプロダクツ展2010の5

いよいよ、今日から開幕です。 これから出かけます。 10時開幕ですから少し早めに・・・ どんな感じになるのかなあ・・・と少しドキドキ・・・楽しみです。 ぜひ皆さんご来場ください!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エコプロダクツ展2010の4

いよいよ、明日からです。 明日は9時半には現地に入っていよいよ10時開幕です。 どんな方が我々のブースを訪問してくれるのか、今から楽しみです。 興味深い出会いができれば良いなあと期待大です。 できれば、いろんな楽しい話もしてみたいと思ってますし、我々のブース展示に関してどんなことを訊いてくれるのかなあなんて・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「公共事業が日本を救う」・・・3

インフラの整備不足は橋やダムだけではありません。 世の中で一般的に「日本の道路整備は世界一でもう整備することはない」といわれており、民主党の政策でも「コンクリートから人へ」というスローガンの一番のやり玉に挙がっていたのが道路なのです。 この本では日本の道路整備コストが決して高くないこを示しながら、一方で日本がまだまだ整備するべき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エコプロダクツ展2010の3

いよいよ明後日からエコプロダクツ展です。 元の予定では今日の午後ブースの出来上がり状況の確認に会場まで行く予定だったんですが、急な予定変更で明日の午後に確認を行うことになりました。それでもって、私は明日ですと都合がつかないということで、いけなくなってしまいました。 個人的にはぶっつけ本番の明後日の会場チェックになってしまいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エコプロダクツ展2010の2

いよいよ今日から12月です。 エコプロダクツ展もいよいよ開催が迫ってまいりました。 エコプロダクツ展は東京ビッグサイトで12月9~11日まで開催されるんですが、その準備は7,8日の二日間かけて展示ブースの搬入、組み立てなどの設営が行われるようです。 私たちのブースも7日に設営される予定だったんですが、業者さんの手違いで前日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エコプロダクツ展2010

来月、9、10、11日と東京のビッグサイトというところでエコプロダクツ展っていうのが開催されます。 私も毎年3日間のうちで一回は顔を出して展示をみながらブラブラしてくるんですが、今年は仕事の関係で出展者側に回ることになりました。 でも、こういうお祭り騒ぎっていうのは、出展者側に回ると結構盛り上がりますよね・・・ かくい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やめることをやめた・・・・・???

「やめることをやめた」・・・最近このフレーズが流行しているようですね。 特に民主党で・・・ 鳩山元総理は「政界引退」って宣言していたのに、最近「引退することをやめた」・・・「やめることをやめた」ってまた宣言したそうですね。 また、昨日ニュースで見ましたけど、八ツ場ダムも民主党政権が発足した当時すぐに、事業中止を発表し手まし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エコライフフェア2007

休日に代々木公園で開催されているエコライフフェアに行ってきました。 結構な人出で、いろんなブースでいろんなパンフレットやらボールペンやらもらって帰ってきました。 ここ何年かこのイベントには出かけているんですが、やっぱりこの持ち帰ってきたパンフレットの山をみるとどこがエコライフなのかって思ってしまいます。 はやり言葉みたいで嫌な…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

2036年4月13日

この日に直径400メートルの小惑星が地球に衝突する可能性があるそうだ。 アポフィスという名前の惑星で2029年にも地球に接近し、2036年には衝突する可能性があるということだ。といっても衝突の可能性は0.015%ということでほとんど無視できるということであるが、可能性がゼロでないことは確かである。 もし地球に衝突したときの影響は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BOOK100「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」★★★★☆

武田邦彦さんよくぞ書いてくれました! なかなか思っていても書けないことをよくぞここまで! おもしろかったです。 普段私も「おかしいよね」と思っていることをズバズバ指摘して切り込んでいてくれています。 どうしてこの本に書かれていることが常識にならないのかと不思議でなりません。 この本はぜひ環境大臣や首相にいやもっと一般に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片山右京、小池百合子、ストロングマシン2号、13号

昨日、代々木公園で行われていたエコライフフェアという催しに出かけてきた。 毎年、この時期に代々木公園で開催されているのだが、お昼ご飯を食べてから出かけた。 今にも雨が降りそうな天気だったので、傘を持って出かけた。 しかし、渋谷はいつ来ても人がいっぱいで圧倒される。私にとってはどうも慣れ親しむことが出来ない街だ。外人さんもた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お風呂・・・

壊れたお風呂は早速管理人に連絡してボイラー一式交換と言うことになり、GW突入前に工事が完了した。 結局、家の風呂に入れなかったのは都合3日ということで、比較的被害が少なかった。 しかし、風呂が壊れて銭湯に行こうと思い、近所の銭湯をインターネットで調べたが、なんとか歩いて行けるところには1軒しか銭湯が無いことに気づいた。 確かに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中西準子さん

今日、都内で中西準子さんのお話を聞くチャンスがあった。 環境リスクについて約1時間のお話を聞かせていただいた。いつも環境と題名のつく講演会では、はっきりとわからないリスクを指して「よくわからないから、とりあえず禁止しよう」というような非常に非科学的な根拠での議論が中心になることが多い。 そんな中で中西さんの主張するリスクベネ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

BOOK53:「環境ビジネスウイメン」★★☆☆☆

書名「環境ビジネスウイメン」 著者名 小池百合子、染谷ゆみ、善養寺幸子、堤恵美子、キャシー松井、薗田綾子       安井悦子、鈴木敦子、枝廣淳子、崎田裕子、谷みどり 出版 2005年4月18日第一刷発行 価格 1800円 出版社 日経BP社発行 編集 環境ビジネスウイメン懇談会 ページ数 215ページ 11人のそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BOOK52:「ダムのはなし 続」★★★☆☆

書名 ダムのはなし 続 著者名 竹林征三著 出版社 東京 技報堂出版 出版年月 2004.4 価格 2000円 ページ数 198p 大きさ 19cm シリーズ名 はなしシリーズ 現在の世間の風潮ではダムというのは自然破壊の代名詞のように使われている。 しかし、現状の日本の水の蓄積量が他国に比べて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

BOOK42:「グランパシフィコ航海記」★★★☆☆

書名 グランパシフィコ航海記 著者名 東京大学海洋研究所編 出版社 東京 東京大学海洋研究所 発売社 秦野 東海大学出版会 出版年月 2004.12 価格 2800円 ページ数 199p 注記 並列タイトル:The Gran Pacifico voyage of the Hakuho-maru 別のと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BOOK40:「産廃法談-法学者のウラ読み廃棄物処理法-」★☆☆☆☆

書名 : 産廃法談-法学者のウラ読み廃棄物処理法- 著者名 : 北村喜宣著 福士明著 下井康史著 出版社 : 東京 環境新聞社 出版年月 : 2004.6 価格 : 1429円 ページ数 : 201p 大きさ : 21cm ISBN : 4-86018-065-8 件名 : 廃棄物処理法 「産業廃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BOOK34:「文明の中の水-人類最大の資源をめぐる一万年史-」★★★☆☆

書 名   : 文明の中の水-人類最大の資源をめぐる一万年史- 著者名   : 湯浅赳男著 出版社   : 東京 新評論 出版年月  : 2004.10 価 格   : 3300円 ページ数  : 370p 大きさ   : 20cm 水に関する歴史についての本。かなりぶ厚つくって、いろんな歴史上の出来事が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BOOK33:「レッド・スカイ・アット・モーニング」★★★☆☆

書 名   : 地球環境危機を前に市民は何をすべきか-レッド・スカイ・アット・モーニング- 著者名   : ジェームズ・グスタフ・スペス著 浜中裕徳監訳 出版社   : 東京 中央法規出版 出版年月  : 2004.11 価 格   : 2800円 ページ数  : 295p 大きさ   : 21cm 原書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BOOK30:「 あなたの夢はなんですか?私の夢は大人になるまで生きることです。」★★★★☆

書 名   : あなたの夢はなんですか?私の夢は大人になるまで生きることです。-そのとき少女はこう答えた。- 著者名   : 池間哲郎著 出版社   : 東京 致知出版社 出版年月  : 2004.11 価 格   : 1200円 ページ数  : 172p 大きさ   : 19cm 世界で貧困な地域と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

BOOK28:「環境破壊と再生」★☆☆☆☆

書 名   : 環境破壊と再生 著者名   : 伊藤正直編 伊藤正直〔ほか〕著 出版社   : 東京 旬報社 出版年月  : 2004.11 価 格   : 1200円 ページ数@ : 119p 大きさ   : 21cm ほとんど見たことある、知ってると言う情報を世界地図に焼き直しただけのしょーもない本で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BOOK26:「環境リスク学」(不安の海の羅針盤)★★★★★

書 名   : 環境リスク学」(不安の海の羅針盤) 著者名   : 中西準子 出版社   : 日本評論社発行 出版年月  : 2004.9 価 格   : 1800円 ページ数  : 251p 中西さんの本は環境の本でありながら、すごく読みやすくて面白い。理科系の人の書く本は数式やグラフがいっぱい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

BOOK17:「界面活性剤の話」★★★☆☆

書 名   : 界面活性剤の話 著者名   : 北原文雄著 出版社   : 東京 東京化学同人 出版年月  : 1997.6 価 格   : 1200円 シリーズ名 : 科学のとびら 28 界面活性剤っていろんなところに使われているんですね! 正直勉強になりました。でも、著者の語り口が非常に気になりました。著者…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

BOOK14 :「アップサイジングの時代が来る(Upsizing. )」★★★★☆

書 名   : アップサイジングの時代が来る-ゼロエミッションと雇用の創出- 著者名   : グンター・パウリ著 近藤隆文訳 出版社   : 東京 朝日新聞社 出版年月  : 2000.7 価 格   : 1700円 原書名   : Upsizing. リサイクルでは間に合わない! 生産と雇用の増大を可能にす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more